京大個別会  そろばん塾ピコ    本文へジャンプ
随時無料体験を行っています。


そろばん塾ピコ(大町校・毘沙門台校・中筋教室)

 資料ご希望の方は、こちらをクリック
  
    
・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・

の特別入会キャンペーン

 
入会金無料 各教室10名まで

  詳細はこちらをクリック


京大個別会そろばん塾ピコ

 そろばん塾ピコは、京大個別会が本部のそろばん塾です。京大個別会は、全国の高校生に大学受験指導をしています。講師はすべて京大生。登録している京大生全員に、子供の頃から習い事を詳しく書いてもらっています。今では数百名のアンケート結果が積み上がりました。
 すると次のようなことがわかりました。習い事の1位は、ピアノ。ほとんどの京大生が、一度はピアノを習っています。しかし現在でもひける、ひいているという学生は少なく、習ったものの、修得するまでにやめているのが現状でした。案外少なかったのは、英会話と公文。それに反して、
意外にも多かったのがソロバンだったのです。
 ソロバンについては、習っていたすべての学生が途中でやめることがなく、中学校にいくまで続けていました。そして3級以上を取得しており、2級・1級・段位者もいます。
誰もが
「やってよかった。一番役に立っている。」という思いが強くなっていきました。
 そして京大生たちの教材作りが始まりました。黄色いそろばん「ピコそろばん」もその一つ。暗算は計算を映像としてとらえます。右脳に、より鮮明にイメージするために、黄色いそろばんを兵庫県小野市の職人さんに作ってもらいました。
 京大生が自分の体験に基づいて考え出したソロバン塾。それが京大個別SOROBAN塾ピコなのです。
ピコ(PICO)ってなに?
 

はじめまして、そろばん塾ピコ塾長の中井郁子です。

 
私たちが子供の頃、家の近くに必ずソロバン教室がありました。クラスのほとんどの友達が通っていて、もちろん私も小学校を卒業するまで通いました。
 私は私立中学校で理科と数学の教師をやってきましたが、そこで見たのは「ゆとり教育」でかなりの学力が失われている現実でした。
 計算が遅く不正確なため、応用問題がとけなくなっているのです。中学・高校での大量の勉強についていくためには、まずは計算のスピードと正確さが必要です。
それができていません。
 右脳を鍛えるソロバンは、スピードと正確さが身につきます。ゆとり教育で失った算数・数学の基礎力を取り戻す強力な武器となるでしょう。


いろんな習い事をしたけれど、一番役に立ったのは、ソロバンでした!

 こう話すのは、京都大学工学部大学院生の石原裕也君です。「ソロバン、ピアノ、英会話、スイミングと小学生の頃は、習い事をたくさんしました。でもその中で一番役に立ったのは、ソロバンです。小学校6年生まで通い2級に合格しました。
高校入試や大学入試センター試験に大変役に立ったと思います。特にセンター試験は時間との戦いです。ソロバンで鍛えた暗算力のおかげで確実に時間短縮ができました。最近よくマスコミや本でも、右脳によいと聞きます。
僕の体験からも、ソロバンは学習面でとても役に立つと思います。推薦します。