京大個別会  そろばん塾ピコ      本文へジャンプ


京大個別会そろばん塾ピコ 大町校・毘沙門台校・中筋教室 QandA

Q1 検定試験はどうなていますか?

A1 3級〜1級は「日本商工会議所珠算能力検定試験」(最も権威ある日商の検定試験)を受けます。但し、そこまでの道のりはかなりあります。当教室では10級から4級までは大ピコ教室で検定試験を受けていただきます。検定は毎月実施し、合格証書を授与します。やる気と継続性を与え、モチベーションをあげるため検定毎月実施は大変意義があります。

 

Q2 授業時間と休日はどうなっていますか?

A2
    1回50分、週2回(月、8回まで)受けてください。授業時間と曜日は固定制ですが、来られない日があって回数が不足する場合は、連絡なしで別の時間にとる事ができます。生徒数を一定に保つために時間固定制にご協力ください。
*「休日・祝日」は休みです。「第5週目」は基本的に休みですが、開いている日もあります。
 年に数回「授業カレンダー」を渡しますので、授業日をご確認ください。
*一定の級まで取得した後、維持のために「週1回コース」へ変更することができます。
 週2回コースの月謝は5,500円(税別)、週1回コースの月謝は4,000円(税別)です。


Q3 対象学年は? 欠席の連絡は?

A3 対象は年長さんから中学生までです。
    授業回数が8回に満たない場合、自由に別の曜日やこうの塾の他の教室で受けて下さい。
    欠席や遅刻の連絡、及び他の教室で受ける場合の連絡は不要です。

Q4 古いそろばんがあるので、それを使おうと思っていますが?

A4 もちろんお使い下さい。
ただしそろばんは、一生使える物ではありません。すりへったり、軸と珠の間にゴミがたまったりします。そうなると、珠がぶれたり、動かしにくくなります。級が上がっていくと、1秒単位の時間との戦いになりますので、そのときは新しいものを買ってください。
そろばんは、単純な道具のように見えますが、精密機械のように0.0何ミリの世界を、職人が手作業で調節しています。大量生産のものもありますが、ピコで紹介するそろばんは、一つ一つが 兵庫県小野市の職人の手作りです。最も動かしやすい強さに調節してあります。しかも珠の色は黄色。この黄色と黒の取り合わせは、京大生の実体験やいろんな文献から、右脳で暗算するとき、最適と考えた色です。初心者には暗算習得のためのそろばん「ピコそろばん」をお薦めします。

     

Q5 月謝のお支払いは?

A5 毎月中旬に翌月分の月謝袋を渡します。袋の表面に金額が記入されています。紛失などの事故を防ぐため、全ての費用はお振込みをお願いします。(但し、日商の検定料のみ現金)
月謝袋の中に入っている「振込記録カード」に「振込の月・日と振り込みした合計金額」を記入し、月末までに、袋ごと教室へお返しください。
振込の場合、受領印はありません。銀行から発行される「ご利用明細表」が領収書となりますので、必ず保存してください。
*月謝は前払いとなっています。9月分は8月中に納入してください。<10月分は9月中に>